sql

INSERT ALL
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
SELECT * FROM DUAL;

えすい

$(‘#tbl’).datagrid(‘loadData’,(function (){
$(‘#tbl’).datagrid(‘loading’);
return originalRows;
})());

onLoadSuccess:function (){
$(“#dataGrid”).datagrid(“loaded”);
}

function ajaxLoading(){
$(“

“).css({display:”block”,width:”100%”,height:$(window).height()}).appendTo(“body”);
$(“

“).html(“処理中。。。”).appendTo(“body”).css({display:”block”,left:($(document.body).outerWidth(true) – 190) / 2,top:($(window).height() – 45) / 2});
}
function ajaxLoadEnd(){
$(“.datagrid-mask”).remove();
$(“.datagrid-mask-msg”).remove();
}

windows 10 サービス 無効有効化

1、「Windows Update」のシステムサービスを無効にする

・sc config “wuauserv” start= disabled

2、「Windows Update」のシステムサービスを有効にする

・sc config “wuauserv” start= demand

powermockでjacoco

以下のmvnコマンドを実行する。pomはリンク先を参照
-P clean test jacoco:restore-instrumented-classes jacoco:report

pomでrestore-instrumented-classesを設定する。

Windowsフォルダ肥大化

XPだとここまで容量を圧迫しなかった。
Cの中でもクリーンアップできそうで、肥大化しているwindowsフォルダを調査した。500M以上のものをピックアップした。WinSxS恐るべし!

 

C:\Windows\WinSxS 11.1 GB windows updateの関連 クリーンアップ可能
C:\Windows\System32 2.88 GB システムファイル
C:\Windows\SysWOW64 1.16 GB システムファイル
C:\Windows\assembly 866 MB .NET関連
C:\Windows\Microsoft.NET 765 MB .NET関連
C:\Windows\Fonts 552 MB フォント
C:\Windows\SoftwareDistribution 549 MB windows updateの関連 クリーンアップ可能

クイック起動ソフト

クイック起動のソフト。昔のWY_Launcherという便利なものがあったが、XP時代で終わってしまった。代替えとなるのはorchisがいい。windows 8以降はclassic shellとorchisが欠かせなくなってしまった。