Snapdragon 845

いろいろ探してみて、2019/3時点でSnapdragon 845搭載の一番安いのはXiaomiのPOCOPHONE F1でした。
DOCOMO系MVNOだとプラチナバンドの取り扱いがなく厳しいが、購入。
expansysというサイトで32900円ぐらいの表示。宅急便の着払いもあったので、そちらで支払った。
関税?もあり35500円ぐらいで買えた。注文して6日ぐらいでついた!。これはなかなか早い。
電波のつかみの関係で、MVNOをソフトバンク系に変更した。以前のDOCOMO系とそん色なく電波掴んでます。

スコア28万の怪物なので、使ってみたら色々難が出てくると思っていたが、
スペック良すぎて、ゲームしたぐらいでは電池の消耗は心配なし。普通に仕事しながら使って2日に一回の充電で済む。
GALAXY NOTE3の時は毎日充電しないとだめだったが、劇的に進化している。
ゲームもサクサク動くき電池消耗もあまりしないので、旧端末には戻れなくなった。
5Gのサービスも開始したし、投げ売りの時はチャンスだと思う。3万切りもありえそうなので、
そのあたりで買えば一番いいかもしれない。

Snapdragon 845搭載のタブレット狙ってるけど、まだでていないのか?。

mvno向けスマホ研究

Garaxy Note 3を基準に最新の安いスマホを探します。

DOCOMO系MVNOを使用する想定です。Band 19がないと都市部しか通信できないので注意が必要。

バッテリー交換できるかもポイントですが、最近は交換できないものが多い。

2年ぐらい使うとかなりへばってくるので、交換すらできないものだと安くてもコスパが悪くなります。Garaxy Note 3も4年以上使っていますが、バッテリーは3回変えています。Garaxy Note 3を4年使用すると、1年1万程度にまでになります。格安中華スマホでバッテリ交換できない場合、2万を超えると割高に思える。3年持つとは思えないので。

デザリングは必須でしょう。Garaxy Note 3はandroid4.4のままにして、foxfiを入れれば問題なくできます。

Garaxy Note 3 (中古1万~、新品4万)

2013/10 5.7インチ ad4.4 約55000スコア(Snapdragon 800) 3GB 32GB 3200mAh

Band 19 ◎ バッテリー交換◎ デザリング△(初期設定がいる。初心者に難)

総評:使っていて悪くない。ゲームする場合にはandroidのバージョンが古い。5年前の端末にしてはまだサクサク動く。バッテリーだけでもAmazon等で簡単に手に入る。

ULEFONE T1 (2万5千円ぐらい)

2017/9 5.5インチ ad7.0 約65000スコア(MediaTek Helio P25) 6GB 64GB 3680mAh

Band 19 ○ バッテリー交換▽(交換作業難 aliexpressでulefone T1 battery検索ヒット) デザリング?(未確認)

総評:2017端末garaxy note 8で20万ぐらいスコアがあるが、note 3並みのスコアしかない。4年使い続けることはないと思われる。2年ぐらいか。バッテリー交換はかなりめんどそうだが、交換なしで2年使うと思えばいいか。4万ぐらい出してcpuスコアあげて、4年使うほうがいいけど、耐久性ありの前提で。

HUAWEI P20 lite (2万5千円ぐらい)

2018/6 5.84インチ ad8.0 約87000スコア(Kirin 659) 4GB 32GB 3000mAh

Band 19 ○ バッテリー交換▽(交換作業難 aliexpressで探せばあった) デザリング○(一応できるみたい未確認)

総評:日本で正式販売しているので安心はできるかと。この価格帯はゲームしない人向け。proとか普通のP20(スコア20万、6万5千円ぐらい)に比べてスコアがかなり低い

スコア20万ぐらいのスマホは安いのでも6万、セールで5万ぐらいする。2019年から5Gが始まるから、今のスペックの値段が下がって4万ぐらいで買うのがいいかと思う。お得にかうなら今は様子見したほうがいいかな。

 

hsqldb

hsqldbでoracleのsqlを使用できるようにする。
rownumとかは対応できているが、oracle階層selectとかまでは対応していない。
業務には使用しないほうが良い。

1.テキストデータベースに下記を記述
SET DATABASE SQL SYNTAX ORA TRUE

2.接続時に、sql.syntax_ora=trueでツール等から接続
“jdbc:hsqldb::localhost:9001;sql.syntax_ora=true”;

hsqldbのようなjdbc接続用ツールはなかなかいいのがない。
以下のツールは比較的良い。コアな部分はeclipseだが、eclipseの起動は必要ない
DBeaver

sql

INSERT ALL
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
INTO テーブル名 (カラム名A,カラム名B) VALUES (…,…)
SELECT * FROM DUAL;

えすい

$(‘#tbl’).datagrid(‘loadData’,(function (){
$(‘#tbl’).datagrid(‘loading’);
return originalRows;
})());

onLoadSuccess:function (){
$(“#dataGrid”).datagrid(“loaded”);
}

function ajaxLoading(){
$(“

“).css({display:”block”,width:”100%”,height:$(window).height()}).appendTo(“body”);
$(“

“).html(“処理中。。。”).appendTo(“body”).css({display:”block”,left:($(document.body).outerWidth(true) – 190) / 2,top:($(window).height() – 45) / 2});
}
function ajaxLoadEnd(){
$(“.datagrid-mask”).remove();
$(“.datagrid-mask-msg”).remove();
}

windows 10 サービス 無効有効化

1、「Windows Update」のシステムサービスを無効にする

・sc config “wuauserv” start= disabled

2、「Windows Update」のシステムサービスを有効にする

・sc config “wuauserv” start= demand

powermockでjacoco

以下のmvnコマンドを実行する。pomはリンク先を参照
-P clean test jacoco:restore-instrumented-classes jacoco:report

pomでrestore-instrumented-classesを設定する。

Windowsフォルダ肥大化

XPだとここまで容量を圧迫しなかった。
Cの中でもクリーンアップできそうで、肥大化しているwindowsフォルダを調査した。500M以上のものをピックアップした。WinSxS恐るべし!

 

C:\Windows\WinSxS 11.1 GB windows updateの関連 クリーンアップ可能
C:\Windows\System32 2.88 GB システムファイル
C:\Windows\SysWOW64 1.16 GB システムファイル
C:\Windows\assembly 866 MB .NET関連
C:\Windows\Microsoft.NET 765 MB .NET関連
C:\Windows\Fonts 552 MB フォント
C:\Windows\SoftwareDistribution 549 MB windows updateの関連 クリーンアップ可能